ホワイピュア| 3ヶ月の体験レビュー、その結果は・・・?

顔のシミは女性にとって一番の悩み・・・。コンシーラーで隠し切れなくなる前に早めに対策をしませんか?ホワイピュアなら毎日飲むだけで面倒な手当ても不要

ホワイピュア関連

日焼け止めの種類、及び選び方、上手な使い方は?

投稿日:

シミの悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか。

ファンデーションで隠すことが出来なかったり、老けた印象や疲れた印象を与えてしまったり、加齢に伴いどんどん濃くなったりなど悩みは尽きません。

シミの悩みを深刻化させないようにするためには、徹底的なUVケアが必要不可欠です。
そこで重要になるのが日焼け止め選びです。

種類や選び方を知って効果的かつ効率的なUVケアを実現させ、シミを予防しましょう。

SPFやPAの数値に着目

"日焼け止め選びをする際に着目すべきポイントとして、SPFやPAの数値があります。

SPFはサンプロテクションファクターの略で、紫外線B波に対する日焼け止め効果を示すものです。
この数値が高ければ高いほど、効果が高くなります。

PAはプロテクショングレイドオブUVAの略で、紫外線A波に対する日焼け止め効果を示すものです。
+の数が多ければ多いほど効果が高くなります。

紫外線B波は5~8月頃にピークを迎え10~2月頃は減少しますが、紫外線A波は年間を通して多い状態が続きます。

真夏の強い紫外線から肌を守るためにはSPFの数値が高いものを選び、年間を通して日常的に使用する場合はPAの数値が高いものを選ぶという方法が良いでしょう。

両方の数値が高い日焼け止めを選ぶことでUVカット効果がアップし、それが効果的で効率的なシミ予防につながります。

季節やシーンによって使い分けるのがおすすめです。

紫外線は1年中降り注ぐものですので、紫外線量がピークに達する真夏以外も油断せずに対策を行うことが重要なポイントとなります。

曇っていても紫外線は確実に降り注いでいますので、3~10月頃までは意識的に日焼け止めを塗って肌を紫外線から守りましょう。

自分の肌やライフスタイルに合ったものを選ぶ

日焼け止めには様々な種類のものがあります。

紫外線をブロックする力が強い二層タイプ、保湿力が高く濃密なクリームタイプ、伸びが良くてベタベタ感がないジェルタイプなどがそれにあたります。

肌質や肌の悩み、ライフスタイルや用途に合わせて使い分けることが出来ます。

通勤や買い物などの日常生活ではジェルタイプを使用し、旅行やアウトドアなど屋外で過ごす時間が長いときは二層タイプを使用するという方法が良いでしょう。

乾燥肌の人にはクリームタイプがおすすめです。

最適な日焼け止め選びが効果的なシミ予防につながる

日焼け止めの選び方や種類に対する理解が深まったのではないでしょうか。

様々なメーカーから種類豊富に色々なタイプの日焼け止めが市販されていますので、SPFやPAの数値やテクスチャーなどをきちんと比較し、最適な日焼け止めを選びましょう。

より良い日焼け止めを選ぶことが効果的かつ効率的なシミ予防につながり、ひいては透明感に満ちた白く美しい肌づくりに結びつきます。

日焼け止めの上手な使い方

ほとんどの人がシミ予防で日焼け止めを使っていますが、本当に正しい使い方ができていますか?

適当な使い方をしていると、結果的にシミを作ってしまうことになるかもしれません。
十分な効果を発揮できない使い方をしているともったいないですよね。

ここでは、意外と知られていない日焼け止めの上手な使い方を紹介していきます!

日焼け止めはいつ塗るのがいいの?

日焼け止めは肌に馴染むことでその効果を発揮するものです。

実際のところ、いつ塗ってもある程度の紫外線防止作用は得られるのですが、ベストタイミングというものがあります。

一番おすすめなのがスキンケアのすぐ後です。

その理由は、成分が肌によく馴染むからです。
朝の化粧下地を塗る前に日焼け止めを塗るという習慣をつけるのもいいですね。あまり知られていませんが、日焼け止めが肌に馴染むまで時間がかかることもあります。

そのため、できれば外出の20〜30分前に使い、しっかり肌に馴染ませてから外出しましょう。

必要な量はどのくらい?

シミを予防するなら十分な量の日焼け止めが必要なのですが、実際はその半分程度の量しか使っていない人がほとんどだそうです。

日焼け止めのタイプや製品にもよりますが、ミルクタイプであれば500円玉くらいの大きさが適量です。
ゆるいテクスチャーのミルクタイプやジェルタイプでは、1円玉の大きさ2つ分がベストです。
クリームタイプであればパール大2つ分といったところです。

効果的な塗り方は?

"日焼け止めを塗る時は肌に優しく伸ばすのが基本です。

クリームタイプの中にはあまり伸びないものもあるので、塗り方次第では肌に負担がかかります。

伸びにくいものは、肌に乗せる箇所を増やし、ところどころに置いた日焼け止めをゆっくり伸ばしましょう。

つい塗るのを忘れてしまう生え際や小鼻、耳、そして首にも塗っておきたいものです。

塗り直しのタイミングですが、屋外であれば2〜3時間ごと、屋内であれば3〜4時間ごとに再度塗りましょう。

シミを予防するためには、面倒でもこまめに塗り直すことが大切です。
汗をかいた後や汗を拭いた後は、ウォータープルーフであってもその効果が落ちていることがあるので、念には念を入れて塗り直すことをおすすめします。"

今の努力が将来のシミを左右する!

日焼け止めの正しい使い方を知り、今日から実践することで、将来のシミを徹底的に予防することができるでしょう。

日焼け止めを上手に使って紫外線から肌を完璧に守ってきた人は、何歳になっても本当に肌がきれいですよね。

今からでもまったく遅くはありませんので、日焼け止めを正しく使い、シミやシミのもとを一つでも多くブロックしましょう。

-ホワイピュア関連
-

Copyright© ホワイピュア| 3ヶ月の体験レビュー、その結果は・・・? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.