ホワイピュア| 3ヶ月の体験レビュー、その結果は・・・?

顔のシミは女性にとって一番の悩み・・・。コンシーラーで隠し切れなくなる前に早めに対策をしませんか?ホワイピュアなら毎日飲むだけで面倒な手当ても不要

ホワイピュア関連

シミが出来る原因は?

投稿日:

シミの悩みは加齢に伴いどんどん根深くなっていきます。

出来てしまったシミを消すのは難しいことですが、シミが出来ないように予防することは比較的簡単なことです。

ある程度の年齢になったら、アンチエイジングを意識しつつ積極的なシミ予防対策をすることが美肌への近道となります。
効果的かつ効率的な対策を実現させるためにも、まずはシミが出来る原因についての理解を深めておくことが大切です。

紫外線や摩擦などの外側からの刺激

シミが出来る原因には様々なものがありますが、その代表格と言えば紫外線や摩擦などの外側から受ける刺激です。

刺激が肌ダメージとなり、メラノサイトから生成されたメラニンが色素沈着を引き起こすことで肌にシミとなってあらわれるというメカニズムです。
予防対策としては、紫外線から肌を守るために徹底的なUVケアをしたり、洗顔やスキンケアの際に摩擦が生じないように気をつけたりすることが大切です。

紫外線は真夏だけ降り注ぐものではありません。3月頃から10月頃まで紫外線量が多い状態が続きますので、油断せずに日焼け止めや日傘、つばが広めの帽子などで対策をしましょう。

ホルモンや自律神経のバランスの乱れなどの内側からの影響

外側からの刺激だけではなく、内側からの悪影響もシミが出来る原因となります。

原因となり得るものとしては、女性ホルモンのエストロゲンの減少によるホルモンバランスの乱れ、睡眠不足や疲労、ストレスや体の冷え、不規則な生活リズムなどによる自律神経の乱れ、食生活の乱れによる栄養不足などがあります。
そのため、健康的で規則正しい生活習慣を意識して体のリズムを整えることが大切です。

食事で積極的に摂取すべき栄養素は、ビタミンCです。ビタミンCには強力な抗酸化作用があり、メラノサイトから生成されるメラニンの色素沈着を抑制する効果が期待出来ます。

保湿ケアを徹底してシミが出来にくい肌環境に導く

肌の乾燥もシミの大敵となります。乾燥することで角質のバリア機能が衰え、ターンオーバーの乱れや肌細胞の再生リズムの乱れが生じ、それがメラニンの色素沈着につながってしまいます。

加齢に伴いコラーゲンやセラミドやヒアルロン酸が減少すると肌の潤いも失われて乾燥が加速しますので、減少した分は化粧品やサプリメントで積極的に補いましょう。

保湿ケアをきちんと行うことで肌が潤い角質のバリア機能が向上すれば、シミが出来にくい健やかな肌環境に導くことが出来ます。

予防対策に努めてシミの悩みを解消

シミが出来る原因や予防対策の方法についての理解を深めることが出来たのではないでしょうか。

原因一つ一つにアプローチしていくことが大切です。

シミが出来てしまってからでは遅いですので、出来る前に早めに積極的な対策に努めてシミを徹底的に予防し、透明感に満ち溢れた輝くような若々しい美肌をキープしていきましょう。

-ホワイピュア関連
-

Copyright© ホワイピュア| 3ヶ月の体験レビュー、その結果は・・・? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.