クラス会やママ友の集まりで顔のシミを見られているか心配・・・? コンシーラーで隠し切れなくなる前に早めに対策をしませんか? それなら、ホワイピュアがオススメ。 毎日飲むだけで面倒な手当ても不要、顔のシミ、ソバカスだけでなく体全体の美肌効果にも効果抜群! 顔のシミの悩みを克服し、明るい気持ちで積極的な生活を手に入れませんか?

ホワイピュアの口コミと効果|シミが消えた!? 3ヶ月の体験レビュー

ホワイピュア関連

シミが発生するメカニズムって?

更新日:

シミが発生するメカニズム

シミは主に紫外線などの外部刺激によって発生します。
下の画像がしみの発生メカニズムです。
(画像をクリックすると拡大します。)

 

1.お肌を守るために「メラニン」を大量生産する

お肌は紫外線などの外部刺激を受けると、肌の細胞を守るためにメラノサイトにメラニンをいつもより多く生産しろという命令をを送ります。
これを受けてメラノサイトの中にある「チロシナーゼ」という酵素の反応が促進されます。

チロシナーゼはメラニンの元のアミノ酸である「チロシン」という成分を酸化させ、メラニンを大量生産します。

2.「メラニン」が、大量に肌の表面へ移行する

チロシナーゼによって大量生産されたメラニンは、周囲の細胞「ケラチノサイト」により細胞内に入っていきます。 ケラチノサイトは、メラニンを大量に含んだままお肌の表面の「角層」まで上がります。

3.肌の表面が黒ずみ、シミとなる.

メラニンが表皮全体に分布して肌の表面が他の顔の部位に比べて黒くなりシミとなります。
メラニンを含んだ表皮細胞は時間がたつとお肌の生まれ変わりである「ターンオーバー」によって角化、垢となってはげ落ちます。
その後紫外線に当たらなくなれば、メラノサイトによるメラニン合成は正常になり、シミも消失します。

通常、シミはそのうち無くなってしまうのですが、高齢になったり、何らかの原因で表皮のターンオーバーが遅くなると、 メラニンは正常に排出されずにシミがなかなか消えなくなります。

シミ発生のメカニズムが分かれば、シミの予防策や今あるシミへの対策をどうすればいいかが分かります。
シミの予防は紫外線の防御が最も重要ですが、日常生活において完全に紫外線を防ぐことは困難ですのでターンオーバーの周期を乱さないようにして生活リズムやお肌を手入れ等によりしっかりと整えることが重要です。

シミ・そばかすに効く成分は・・・?

シミ・そばかすの予防に効果的な成分は以下のビタミン類です。
特にビタミンC(アスコルビン酸)・ビタミンE・ビタミンB2といった成分は、 メラニンを生成に関係する「エンドセリン」の活性をストップしたり、 命令を実行する「チロシナーゼ」を阻害する働きをします。

またビタミン類はシミ・そばかすの予防だけではなく、現在あるシミ・そばかすにも効果があります。

・ビタミンC:ビタミンEと共に、コラーゲンの生成・維持を行う
・ビタミンB2:肌の新陳代謝を促進
・ビタミンB6:皮膚の再生を促進
・ビタミンE:ビタミンCと共に、コラーゲンの生成・維持を行う

ビタミンC・ビタミンB2・ビタミンB6は水溶性ビタミンのため、身体に貯めておくことが出来ない成分です。
そのため、継続して摂取することがシミやそばかす対策には重要です。

-ホワイピュア関連

Copyright© ホワイピュアの口コミと効果|シミが消えた!? 3ヶ月の体験レビュー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.